アトピーと乳酸菌の関係

m004-035

乳酸菌というとどのようなことをイメージするでしょうか? 便秘解消などをイメージする人も多いと思います。しかし、最近では乳酸菌の更なる役割が注目されていますよね。

ここ数年で良く知られるようになったのが乳酸菌によって免疫力が高まるということですね。インフルエンザにかかりにくい体を作るためにも乳酸菌はとても重要な役割をもっていると言われてきています。

習慣的にヨーグルトなどから乳酸菌を摂るようにしているという人も多いでしょう。実際にどういった役割が乳酸菌には期待されているのでしょうか?


期待される乳酸菌の役割

乳酸菌には次のような役割が期待されています。

  • 便秘解消
  • 免疫力を高める
  • 花粉症の軽減
  • アトピーの軽減

このように乳酸菌にはかなり大きな期待がかかっています。良く知られているものもあれば「そんなのと?」と感じるものもあるでしょう。

アトピーに悩まされている人などは、乳酸菌で少しでもその症状を軽減されるのであれば頼りたいという人も多いでしょう。

乳酸菌が免疫力を高めることからアトピーの症状を軽減させるというのは、なんとなく納得できる人もいるでしょう。実際に乳酸菌がアトピーにどのようなメカニズムで作用するのかというのは研究段階です。

しかし、実際に特定の乳酸菌を摂ることでかゆみやアトピーが出ていた面積が減少するといった事例があり、期待が高まっています。

アトピーだけでなく花粉症などアレルギー症状がある人が乳酸菌を摂ることで症状が軽減されるということがあります。こういったことがかなり知られるようになってきています。そのため近年では乳酸菌を摂るようにしている人も増えているのです。

乳酸菌サプリどれがいい?


アトピーに良い乳酸菌って?

m004-035

アトピーに乳酸菌が良いといっても乳酸菌にはいろいろな種類があります。乳酸菌が含まれている製品の数も数限りなくあります。そんな中でアトピーのためにどういったものを摂るようにしたらいいのか悩みますよね。

乳酸菌がアトピーに良いということはすでにわかっていることです。だったらより良いものを摂るようにして少しでも早くアトピーを何とかしたいと思うのは当然のことですね

そこでどんな乳酸菌がアトピーに良いのかを知ることが大切になってきます。

お勧めの乳酸菌は?

アトピーのための乳酸菌ということでは、次に上げるような乳酸菌がお勧めです。

  • L-92乳酸菌
  • KW乳酸菌
  • L-55乳酸菌
  • LGG乳酸菌
  • LKM512乳酸菌
  • K-2菌
  • クレモリスFC株
  • HSK201乳酸菌

中でも特にL-92乳酸菌とLGG乳酸菌は、アトピー対策の乳酸菌として有名なものとなっています。

L-92乳酸菌に関しては、継続して摂取することで多くの人が変化を感じることができています。また、多くの人が摂取前よりも薬の量が減少したということもあります。

LGG乳酸菌に関しては生まれてくる子供でアトピーの発症が減少したということがあります。

どちらにしても継続して摂取したことで変化を感じる人が多くなったということになります。継続して摂取することが必要ということですね。

また、有名な乳酸菌を摂ればそれなりの結果を得ることができるということではありません。まずは継続して摂取することが大事なことになります。

アトピーに乳酸菌が良いからということで期待を大きくして乳酸菌を摂る。これもありかもしれませんが、必ずということはありません。健康に良いからといった気楽な気持ちで摂るようにした方がよいでしょう。


アトピーと乳酸菌について

c0b9eb28bc484b2578bc23388e751dfc_s

乳酸菌を上手に摂るには?